ムシムシ暑い今の季節は、のニオイが気になる季節でもあります。でも、臭うのは汗だけではありません。

年齢と共に気になってくるのが「加齢臭」。おじさんの代名詞のような印象ですが、実は女性にもあるんです。

ニオイもエイジングケア

資生堂が20代~50代のビジネスパーソン2,400名を対象に行った「ニオイに関する実態調査」でも、多くの人が加齢臭に関心を持っていることが明らかになりました。気になる調査結果を見てみましょう。

約 6 割が、自分のニオイが変わってきたことを感じている!

まず、職場で気をつけている身だしなみのトップに「自分の体から発するニオイ」が挙がりました。また、「自分のニオイの変化を感じたことがある(口臭以外)」とした人は全体の6割にのぼり、男女ともに多くの人が、過去のニオイとの変化を実感しています。

ニオイもエイジングケア

 

さらに、「自分の加齢を感じる項目」では、男性では「白髪」に次いで「ニオイ」が、女性では「肌」「白髪」「体型」に次いで「ニオイ」が挙げられました。

加齢対策をしている項目でも、男性では「ニオイ」が圧倒的トップなのに対し、女性では「肌」「白髪」に次いで「ニオイ」が3番目となりました。

“お肌”ならぬ…“ニオイの曲がり角"、女性は「40 代前半」

「自分の体から発しているニオイの変化を感じた年齢はいつか」をたずねたところ、女性では「40 代前半」を“ニオイの曲がり角”として感じていることがわかりました。男性では「30 代前半」と「40 代前半」の2つの年代を、"ニオイの曲がり角”と捉えています。

“お肌”ならぬ…“ニオイの曲がり角%22、女性は「40 代前半」

男性だけじゃない!
職場の女性に対しても、「年齢特有のニオイを感じた」3人に1人以上
口臭以外のニオイに関し、全体で63.5%が「職場の男性に対して年齢特有のニオイを感じたことがある」と回答し、「職場の女性」に対しても35.9%が「年齢特有のニオイ」を感じていることがわかりました。これは、ドキッとする結果。もはや他人事ではありません!

職場の女性に対しても、「年齢特有のニオイを感じた」3人に1人以上

7 割以上が感じる「他人の加齢臭」。
そのニオイを例えると…男女共通は「もわっとしたニオイ」

男性、女性、それぞれの加齢臭を例えるとどんなニオイなのでしょうか?

男性の加齢臭は「脂っぽいニオイ」、「もわっとしたニオイ」、

女性の加齢臭は「もわっとしたニオイ」「酸っぱいニオイ」が上位に挙げられ、加齢臭の男女共通のニオイとしては、「もわっとしたニオイ」と捉えられていることがわかりました。また「ニオイを表現できない」とした人も2割前後いることから、加齢臭のニオイの解釈や感じ方は、人それぞれであることもうかがえます。

 

ニオイケアの方法としては、「制汗剤や汗拭きシートなどのデオドラント製品を使う」が77.8%と最も高く、ニオイのエイジングケアには、デオドラント製品の利用が圧倒的に支持されていることもわかりました。

 

女性の場合、加齢臭は、一般的にはニオイを抑える働きがある女性ホルモンの低下、つまりは閉経後に出てくると言われていますが、最近は食生活やライフスタイル、ストレスに伴い、さまざまな機能が低下するため加齢臭も低年齢化が言われています。

「見た目は若いのに、ニオイで年齢がバレた!?」なんてことを避けるためにも、デオドラントシートを使うなどのニオイケアはもちろん、普段の生活から、野菜、フルーツ、海藻、豆類を中心にした食事を心掛け、水分をよく摂り、運動や入浴で汗をちゃんとかきましょう。

 

<調査概要>

調査期間:2014年7月8日(火)~11日(金)
調査対象:20代、30代、40代、50代のビジネスパーソン
サンプル数:2,400人

参照:資生堂 プレスリリース